ヘッダをスキップ

印刷用

朝霞・三園ユーティリティサービス株式会社

ホーム >  事業案内 > 発生土有効利用事業

発生土とは

浄水場発生土とは、浄水場において、取水した原水から水道水をつくる過程で取り除かれた河川水中の濁り(土砂)や浄水処理に用いられた薬品類などの沈殿物を集めて脱水処理したものです。

当社は、東京都水道局殿より朝霞浄水場、三園浄水場から発生する発生土を7,000トン/年以上買取り、これを次の用途に有効利用します。

  • 1.園芸培養土、グランド用資材などの用途に利用する企業に販売します。
  • 2.発生土を耐水性団粒加工したリサイクル商品であるアクレEを製造し、人工地盤用の土壌、造園客土として販売します。 

浄水場発生土の有効利用用途

浄水場発生土の有効利用率は全国平均で56%(平成17年度)となっており、残りは埋め立て等の産業廃棄物処分されています。最終処分場の確保が困難なことから、有効利用の促進が喫緊の課題です。

浄水場発生土の有効利用データ

浄水場発生土の有効利用データ(平成17年度)
発生量 有効利用量 有効利用率 施策目標
全国 286,877 DS-t(*) 159,545 DS-t(*) 56% 100%
*1
Ds-t:絶乾状態に換算したトン数
出典 「水道ビジョンの主要施策と今後の課題」(厚生労働省健康局)

浄水場発生土は、園芸培土、グランド用改良材、セメント原料等に利用されていますが、全量有効利用にむけて、新たな用途が求められます。

浄水場発生土の主な有効利用用途

  • 園芸培土
  • グランド用改良材
  • セメント原料

発生土有効利用施設

発生土有効利用施設は、団粒土製造設備から構成されています。

発生土発売のご案内

発生土を販売します

当社では、朝霞浄水場発生土及び三園浄水場発生土の販売を行っています。
発生土は、浄水場での水道水を製造する工程において、原水の濁り分を凝集沈殿し、脱水処理してできた土です。
また、発生土には発芽するような雑草種子が極めて少ないという特長があります。
ご要望に応じてサンプルを送付いたしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

販売商品

  • 1.朝霞浄水場発生土
  • 2.三園浄水場発生土

販売価格

  • 1.お引渡しの条件
    朝霞浄水場排水処理所または三園浄水場内で引渡しします。
    運搬車両への積込は弊社にて行います。運搬車両等はお客様にてご準備下さい。
  • 2.販売価格
    上記の条件で、1トンあたり108円(消費税込)です。

営業時間

営業時間はつぎのとおりです。

このほかに年末年始等の休業日あり。
電話受付引渡し(朝霞)引渡し(三園)
平日9:30〜17:309:00〜17:009:00〜17:00
土曜休業休業休業
日曜・祝祭日休業休業休業

買取の申込・お問合せ先

平日9:30〜17:30に電話またはFAXにて買取の申込、お問合せを受付いたします。
サンプルのご要望もお受けいたしますのでお気軽にお問合せ下さい。

  • 電話:048-486-0135
  • FAX:048-486-0136

アドビ・リーダーのダウンロードPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe(R) Reader(TM)が必要です。

免責事項や著作権など